幸せへのまわり道

8.28[Fri]劇場公開

脚本:ミカ・フィッツァーマン=ブルー、ノア・ハープスター 監督:マリエル・ヘラー

  • ムビチケオンライン券 販売中 eメール型映画前売券
これは、実話に基づいた物語。ひとつの出会いが奇跡を呼び起こす。

Theaters - 劇場情報

劇場情報はこちら

Introduction - イントロダクション

大物司会者(フレッド)と雑誌記者(ロイド)の間で育まれた“数奇な友情”

本作でトム・ハンクスは、第92回アカデミー賞(2020年)助演男優賞、第77回ゴールデングローブ賞(2020年)最優秀助演男優賞にノミネート。

トムが演じるフレッド・ロジャース(Fred Rogers,1928~2003)はテレビ番組の司会者。1968年から2001年にかけて放送された子ども向け番組「Mister Rogers' Neighborhood」で知られ、同番組は生きる上で必要な道徳を伝える内容に加えて、フレッド自身のソフトな口調や優しい人柄もあって国民的番組として人気を博しました。

映画の原作となったのは、雑誌『エスクァイア』に掲載された記事「Can You Say...Hero?」。記事を寄稿した雑誌記者・ロイド・ヴォーゲルを、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)でトム・ハンクスと共演を果たしているマシュー・リスが演じ、大物司会者と雑誌記者の間で育まれた“数奇な友情”を紡ぎます。

Story - あらすじ

ロイド・ヴォ―ゲル(マシュー・リス)は、雑誌記者として華々しいキャリアを積んできた。今は愛する妻と生まれたばかりの子どもと暮らしている。

ある日、ロイドは姉の結婚式に招待され、式場で絶縁していた父・ジェリー(クリス・クーパー)と再会を果たす。ロイドは、家庭を顧みず自分たち姉弟を捨てた父を許せずにいた。些細なことがきっかけで手を上げてしまうなど、心の内にわだかまりを抱えていた。

それから数日後、ロイドは編集部の依頼で、子ども向け番組の司会者として人気者だったフレッド・ロジャース(トム・ハンクス)に関する記事を書くため、彼の仕事場を訪ねる。

フレッドは、ひと目見ただけなのに、ロイドが抱えている家族の問題や心の葛藤を感じとる。一方、ロイドもフレッドの不思議な人柄に惹かれていく。やがて2人は、取材の名目を越えて、公私共に交流を深めていくのだった……。

Cast - キャスト

  • フレッド・ロジャース

    フレッド・ロジャース

    トム・ハンクス 

  • ロイド・ボーゲル

    ロイド・ボーゲル

    マシュー・リス

  • ジェリー・ボーゲル

    ジェリー・ボーゲル

    クリス・クーパー

  • アンドレア・ボーゲル

    アンドレア・ボーゲル

    スーザン・ケレチ・ワトソン

Staff - スタッフ

マリエル・ヘラー

<監督>

マリエル・ヘラー

ノア・ハープスター、ミカ・フィッツァーマン=ブルー

<脚本>

ミカ・フィッツァーマン=ブルー

ノア・ハープスター

<原作>

トム・ジュノー

<製作総指揮>

ミカ・フィッツァーマン=ブルー

ノア・ハープスター

エドワード・チェン

ハワード・チェン

バーゲン・スワンソン